ネットでポスターデザインの発注

商品やイベントなどを広くアピールするためには、良質なデザインのポスターが必要です。
現在多くの会社においてポスター制作が行われていますが、意外に多くの手間や人件費がかかってしまうものです。
印刷は業者へ簡単に依頼することができますが、ポスターデザインは請け負ってくれる会社もあまりなく困っている会社も多いものです。
あったとしても打ち合わせやデザインの受け渡しなどで時間がかかるのが難点なのです。
そんなリスクを解消してくれるのが、ネットでポスターデザインを発注できる会社の利用なのです。
とても便利なシステムに思えますが、具体的にはどのようなものなのでしょうか?
まずはポスターデザインに必要な資料、画像などを準備します。
そして希望するポスターの内容や是非盛り込みたいキャッチコピーなどを考えておきます。
あとは、それらの資料とともにポスターデザインの会社へ依頼すれば、希望通りのポスターを完成させてくれるのです。
メールでの取引ですから、ポスターデザインや見積もりに関する打ち合わせにも、時間を割かなくて良いのがメリットなのです。
こういった会社は、ネットで検索すればすぐに見つけることができます。 数多くの会社があり、特色や得意分野もそれぞれです。
プロがデザインしてくれますから、その仕上がりも上質で十分なアピール力を発揮してくれます。
ポスターデザインをネットで発注することで、効果的なポスターを低コストで制作でき、
最終的には会社の収益を大きく増やすことにつながるのです。

This entry was posted on 2015年4月25日.

ポスターデザインから印刷までの大まかな流れ

ポスターデザインから印刷までの大まかな流れを説明します。
まず営業はポスターデザインをする上での要望をクライアントから聞いてきます。文字情報や使用する紙の種類、部数などの基本的なものから、どのような年齢層をターゲットにするか、イメージカラーは何色か、イメージは可愛さを求めるかクールさを求めるかなど細かい要望まで聞き、イメージをはっきりとさせそれらを原稿にまとめ、営業はデザイナーに説明します。チラシ製作と異なりポスターは思わず目にとまってしまうような、インパクトの強いもの、また一目見ただけで何のポスターかわかるわかりやすいものなど、デザインに関してはかなり繊細です。それらも考慮したうえでデザイナーはデザインしなくてはいけません。ポスター製作の場合、使用する画像が1枚2枚程度の場合、画像編集係りは通さず、デザイナーが自ら画像加工する場合もあります。また文字情報もそれほど多くない場合、デザイナーが自分で文字を打ってデザインします。ポスター製作後、社内校正に文字情報などの間違いがないか、確認してもらいその後初校としてクライアントに見てもらいます。デザイン重視のため、なかなかクライアントが納得しない場合校正を何度も繰り返すこともありますし、気に入ってもらえれば初校後そのまま出力し印刷という場合もあります。校正回数をより少なくするためにも、営業はクライアントがどのようなポスターを求めているか細かく聞いてくる事がとても重要です。
ポスターデザインはチラシ製作とはまた違った難しさがあり、よりアイキャッチとなるデザインが求められるのです。

This entry was posted on 2015年4月23日.

ポスターデザインのノウハウ

ポスターデザインのノウハウはまずどのような文字を使用し、どのような画像加工で、どのようなデザインを介して人に伝えるかという事です。まずは文字組、配色、画像編集など基本的な身につける事が重要です。
それらの知識を活かして、次にコンセプトにあったデザインをイメージします。ポスターといっても様々な種類のものがありますよね。まずターゲットを絞る事、何を一番伝えたいのかはっきりさせることがとても重要です。それは文字で伝える事もできますし、イラストや写真を用いて伝える事も可能です。たとえばターゲットが子供の場合はどうでしょうか。文字を使用するより、子供が興味を持ちそうなイラストや写真を配置したほうが効果的かもしれません。デパートの安売りをうたうポスターはどうでしょう。「30%OFF」などと大々的に値引き価格が表示してあるポスターを見たことがある人は多いとおもいます。これはとてもわかりやすく、興味をそそられるポスターデザインですよね。人は「30%OFF」という文字を見た瞬間に次に考える事は「何が30%OFF」なのだろうということです。そこで自然と興味がわきポスターに目を向け、おもわず立ち止まり詳細をもっと知りたくなるのです。ここまでくればポスターの役目は完全に果たされています。コンセプトによりポスターデザインは様々でまとまりはありませんが、一貫して言える事は第一印象で相手の心をつかむことがとても大切だということです。

This entry was posted on 2015年4月21日.